スマホえんきんの安全性は大丈夫?大手メーカーならではの安心感を徹底解剖

スマホえんきんの安全性は大丈夫?大手メーカーならではの安心感を徹底解剖

スマホえんきんの安全性ってどうなんだろう?
口に入れても安心?

という疑問に答えます!

目の疲労感は、パソコン・スマホの使いすぎが原因となって起こります。
パソコン・スマホの使いすぎを改善するためには、サプリで体の中から継続的にアプローチすることが必要です。

ただ、口に入れるものなので、安全性は気になりますよね。

そこで、「スマホえんきんの安全性はどのように保たれているのか?」
根拠を調べてみました。

スマホえんきんは一流メーカーの自社開発

スマホえんきんは、品質を保つ仕組みが整えられた国内の工場だけで生産されています。

  • 株式会社ファンケル美健 横浜工場(GMP認証)
  • 株式会社ファンケル美健 千葉工場(GMP認証)
  • 株式会社ファンケル美健 長野工場(ISO22000)
  • バイホロン株式会社(GMP認証)
  • ジャパンテクノフーズ株式会社(GMP認証)
GMP認証とは?
サプリ使う人が安心して使えるような高い品質を作るために「誰が作っても同じ品質を保てるルールと施設がある」と認められた証。
ISO22000とは?
食品の安全を保つための体制づくりに関する国際規格。

ネット広告で見かけるようなサプリには、品質について表記していないサプリメントもあります。

・国内で作られているのか?
・海外で作られているのか?
・作られている工場の品質管理はどうなっているのか?

サプリメントは口に入れるものですから、品質管理が分からないと不安ですよね。

でも、スマホえんきんは「国内生産・100%自社開発」。
一部、外部の生産工場へ委託していることもありますが、自社で工場を持っている。というのは安心・安全を感じられますね。

販売実績による安全性の判断

スマホえんきんは、安全であるとメーカー自身が判断し、消費者庁に届けています。
これを「機能性表示食品」と言います。

機能性表示食品をカンタンにいうと、「この商品は科学的根拠がある健康の維持が期待できる商品ですよ」という表示のこと!
ただし、表示されている効果や安全性について国が審査・許可を行う「特定保健用食品(トクホ)」とは違い、個別の許可を受けたものではないんです。

あくまでメーカー自身が

「この商品は安全性や健康の維持に役立つ科学的根拠がありますよ」

と届け出するもの。

それでも、自信がなければ届出はできませんよね。
たくさんのサプリメントを作ってきたファンケルだからこそできる、安全性の宣言です。

ビルベリー由来アントシアニンを一日の摂取量として57.6㎎含む類似製品(商品名:ブルーベリー※)は、2008年6月から販売を開始し、過去3年間で220万製品[約30日分(内容量15.1g/60粒)、約15日分(内容量7.6g/30粒)、約90日分(内容量45.4g/180粒)]の販売実績があります。
上記製品での健康被害の発生について弊社への連絡があった内容について解析し、確認しました。その結果、食物アレルギーなどの個人の体質や体調に起因していると考えられるものはありますが、重篤な健康被害の発生はありませんでした。また、類似製品と当該製品は、ビルベリー由来アントシアニンの1日の摂取量も同量であり、形状も同じであるため消化・吸収の違いなどもなく同等であると考えられます。
出典:届出食品の科学的根拠等に関する基本情報(一般消費者向け)

なにやら難しく書いてありますが、、